ページトップへ

|福間法律事務所 兵庫県宝塚市 弁護士

 

手紙1

 

福間法律事務所
弁護士 福間則博先生へ

拝啓
青葉が目にまぶしいこの頃皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
福間先生 この度は、本当にありがとうございました。
先生にこうして、お手紙を書ける日が来たことを私は嬉しく思っています。
先生と初めてお会いしてから約3年が過ぎました。私が先生のところに依頼に行った時の状況は、本当に悲惨な状況で、解決して頂いた今だからこそ言える事ですが、こんな複雑な難事件をよくお引き受けくださったこと…と今更ながら思います。
結局、いくつの事件をかかえていたのだろう…と思います。
当時の事件の数や状況を説明すると、まさに手の施しようがない状態、もっと例えるなら、四面楚歌、すでに王手を取られた将棋、チェックメイトされたチェスの勝負を続けさせられている状況…2アウト満塁相手は絶対にホームランを打つバッターを迎えたピッチャーの心境…すでにこんな状態がいっぺんに重ったと言うのが正直なところでしょうか。初めて先生のところに伺った時は、はっきり言って難しい…お引き受けは少し考えさせてほしい…という返事でした。母と何度か先生のところに頼み込み、先生が、かなり難しい案件ですが、お引き受けします。と言って下さりました。
その時の先生のお優しいお顔は今でも覚えています。
お引き受け頂いた喜びもつかの間、引き受けて頂いてからが本当に大変でした。
幾重にも重なる複雑な状況を先生にお話し、解決していく順番を整理して、沢山の文章を作成して頂きました。
私も仕事をしておりましたので、仕事終わりからの時間外の時間で先生方には膨大な時間を私に費やして下さりました。
一つの事件ごとに相手方も何度も異議を申請してくるので、そのたびに私の心が折れそうになり、もう、いいや…となることはたびたびでも先生は決してあきらめる事無く何度も何度も文章を作成して頂きました。
先生の作成して頂く文章は心優しく読んで判断頂く裁判官の方にも私の人柄が伝わるように…と、とてもきめの細かい配慮をして下さいました。
その結果なんと、これほど複雑な問題をすべて私の望む結果に導いてくださいました。
その度に母と先生のところにお礼に伺うと、いつも先生は○○さんの人柄が裁判所の方に伝わった結果ですよ...と、おっしゃって下さいました。私の訴訟事件は複雑な事情がありましたので不安で不安で仕方がなかったのですが、先生はいつもお優しく時間をかけて下さいました。
打ち合わせの時には必ず、大丈夫ですよ…その言葉の向こうには先生方がかけて下さった時間と労力をいつも感じておりました。
事件が解決するたびに、特別な時間をもって頂き、喜びの話を聞いて下さいました。
先生が私に喜んでもらえる事が何より嬉しいよ...と。先生方のご努力の賜物ですのに…
事件が解決するたびに私が明るく笑顔になってきているのを、本当に嬉しいと言って下さいました。
先生に初めてお会いした時は、本当に自分で言うのもなんですが悲壮感漂う悲惨な顔をしていたと思います。
今の気持ちは本当に言葉ではあらわせきれない気持ちでいっぱいです。
絶対に不可能だと思っていた、オセロの角をひっくり返して下さった…
色々悩み、相手のやり方に、悩んで諦めかけた事もありましたが最後まで頑張って本当に良かったと思います。
先生のおかげです。今は、心を落ち着かせ楽しく毎日を過ごしています。
最後に、先生、こんな大変な案件をお引き受け頂き、また、私の望みどうりに解決して頂き本当にありがとうございました。
末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

敬具

 

当事務所をご利用いただいたお客様からいただけたお声をご紹介させていただきます。

皆様いつもありがとうございます。