ページトップへ

|福間法律事務所 兵庫県宝塚市 弁護士

 

用語の説明・すべての費用に共通する事項

用語の説明

法律相談料

依頼者に対して行う法律相談(口頭による鑑定、電話による相談を含む)の対価です

書面による鑑定料

依頼者に対して行う書面による法律上の判断または意見の表明の対価です

着手金

事件または法律事務(以下「事件等」という)の性質上、委任事務処理の結果に成功・不成功があるものについて、その結果いかんに関わらず受任時に受けるべき委任事務処理の対価です

報酬金

事件の性質上、委任事務処理の結果に成功・不成功があるものについて、その成功の程度に応じて受ける委任事務処理の対価です

手数料

原則として1回程度の手続または委任事務処理で終了する事件等についての委任事務処理の対価です

顧問料

契約によって継続的に行う一定の法律事務の対価です

日当

弁護士が委任事務処理のために事務所所在地を離れ、移動によってその事件等のために拘束されること(委任事務処理自体による拘束を除く)の対価です

 

すべての費用に共通する事項

1. 記載された弁護士費用はすべて消費税別の金額です。お支払いの際には消費税が加算されます。
2. 事件の内容によって記載された弁護士費用について30%の範囲内で増減することができます。
3. 事案が特に複雑・重大であるときは、別途弁護士費用のお見積もりをさせて頂きます。
4. 郵便代、印紙代 交通費その他委任事務処理に要する実費等は、別途ご負担頂きます。

 

日当(全事件共通)

■半日(往復2時間を超え4時間迄)
3万円以上5万円以下

■1日(往復4時間を超える場合)
5万円以上10万円以下