ページトップへ

|福間法律事務所 兵庫県宝塚市 弁護士

 

弁護士 福間則博

 

【 経歴 】

昭和55年 大阪大学法学部卒業(卒業式 法学部代表)
昭和61年 司法試験合格
平成元年  弁護士登録(兵庫県弁護士会)
平成7年  福間法律事務所開設

【 役職 】

民事調停委員(平成12年~)
家事調停委員(平成12年~)
宝塚市公平委員会委員(平成14年~平成22年)
宝塚警察署協議会会長(平成19年~平成23年)
関西学院大学 商学部非常勤講師(平成17年~平成23年)
関西学院大学 法学部非常勤講師(平成19年~平成24年)
公益財団法人宝塚市文化財団 監事(平成14年~)
特定非営利活動法人宝塚NPOセンター 監事(平成11年~平成29年)


【 著書・論文 】

旅行トラブルQ&A(旧版、共著)
「銀行の営業譲渡における法的処理-実例紹介」(金融法務事情1510・1511号、共著)

 挨拶

弁護士 福間則博

私は、平成元年に弁護士登録をし、平成7年に福間法律事務所を開設し、これまで実に多くの案件を取り扱ってまいりました。その内容は、不動産訴訟、損害賠償請求、相続、離婚、破産など多種多様であり、これらの案件の解決により依頼者の方々に喜んでいただけたとしたら、これに勝る喜びはありません。

法律事務所に来られる方々は、トラブルに遭遇し、紛争を抱え、困惑したお気持ちでお越しになる方が多いのですが、事件のご依頼を受け、事件処理をしていく過程で依頼者の方々のお気持ちが少しずつ軽くなられ、明るさを取り戻されていくお姿を見るのは、弁護士として大きな喜びであります。

しかし、トラブルを解決していく過程は決して平坦ではなく、弁護士としては、多くの事実と資料を検討し、法律的問題点を調査し、それらを裁判所や相手方に伝えていく必要があります。これらの過程は多大な労力と時間を要するものですが、その処理の中に弁護士としてのやり甲斐を感ずるものであります。

弁護士として多忙な生活をしている中で、平成21年、裁判所より大型破産事件の破産管財人に選任され、大変な忙しさに見舞われました。既に多くの破産管財人事件を手がけておりましたが、その破産事件における事務処理は膨大かつ複雑であり、私の弁護士としての全ての知識・経験・ノウハウを投入して終了させ、一定の成果を収めることができ、大きな達成感を味わうことができました。

ただ、その事件の終了後ある種の虚脱感をおぼえたのも否定できないところでありました。そのような中、いろいろな人の考えを聞くようにしておりましたところ、ある会合で、困っている私に後ろから親切に声をかけて下さる方があり、私は嬉しくなって後ろを振り返ると、身体障害者の方でした。「虚脱感などに浸っている場合ではない。健常者である自分であれば、もっともっとやらねばならない」と思った瞬間でした。

私は、「皆様方に明るく豊かになって頂きたい、そのために法的サービスを提供する」という理念を掲げます。トラブルを抱え暗いお気持ちになっておられるとしたら、私たちは、皆様をサポートし、皆様方がトラブルを乗り越え、本来の明るい、穏やかなお気持ちになって頂けるよう活動します。

私はこれまでの弁護士生活を通じて多くの経験を積み、ノウハウを蓄積してまいりました。それらを皆さんに存分に利用して頂きたいと思います。そのために、初回50分の無料法律相談、弁護士費用の明確化・定額化、ホームページでのできるだけ多くの法律情報の提供をさせて頂きます。

私たちは、皆様方の人生を明るく豊かにするために必要な法的サービスを提供します。