ページトップへ

|福間法律事務所 兵庫県宝塚市 弁護士

相続・遺言(専門)

相続税とは

相続税とは

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。
相続とは、民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。(遺言によって財産を与えた人を「遺贈者」、財産をもらった人を「受遺者」といいます。)

 

相続税コンテンツ一覧

専門分野
コーナー