ページトップへ

|福間法律事務所 兵庫県宝塚市 弁護士

相続・遺言(専門)

遺留分とは

遺留分とは、「一定の範囲内の相続人に最低限保障されている相続分」のことです。


自分の財産は遺言によって「誰にどのように引き継がせるか」を自分の意思どおり決めることができます。法定相続人の中の特定の人(財産を引き継いでほしい子や配偶者)に全財産を相続させたり、法定相続人以外の第三者(内縁の妻、息子の嫁、孫など)に財産を遺贈することも可能です。

しかし、その結果、本来相続できるはずの遺族が全く財産をもらえず、生活に困ってしまうということもあります。

民法上、遺言者の意思は最大限尊重され、遺言によって財産を処理することが認められていますが、一方で残される家族の生活も保障するために、最低限相続できる財産として遺留分が定められています。

 

遺留分コンテンツ一覧

専門分野
コーナー