ページトップへ

|福間法律事務所 兵庫県宝塚市 弁護士

破産・債務(専門)

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリット

メリット

・弁護士に依頼した後は、各業者からの取立てが止まります

・借金の返済総額が減額できます

・払いすぎていたお金(過払い金)が戻ってくる可能性があります

・一部の借金のみを整理するなど、柔軟な債務整理ができます
例えば、抱えている債務の中に住宅ローンがある場合、自己破産や個人再生をした場合には、住宅は手元に残すことができませんが、住宅ローンを任意整理の対象とせず、他の債務のみを整理対象として圧縮する任意整理を行い、住宅ローンの返済は変わらず続けていくことができれば、住宅を手放さずにすむ可能性があります。

・自己破産のような資格制限はなく、また官報にも掲載されません

・自己破産の場合、債務超過に陥った原因がギャンブル等の浪費であった場合には原則として免責が許可されませんが、任意整理の場合は借金を抱えるに至った経緯は問われません

デメリット

・ブラックリストに掲載されるため、数年間はローンやクレジットカードの作成はできません

・あくまで任意での債務整理なので、強硬な態度の債権者がいる場合には、交渉がうまくいかない場合があります

弁護士に頼むメリット

任意整理はご自身で手続きすることも可能です。

弁護士費用が発生しない分、金銭的な負担は軽くなりますが、債権者との慣れない交渉手続きに時間を割かれ、更に法律知識や交渉において弁護士と圧倒的な技術の差が生まれてしまいますので、弁護士に相談することをお勧めします。

 

任意整理コンテンツ一覧

専門分野
コーナー